ダイエット食品で本当に痩せられるか体験記

ホーム  >  私のダイエット食品体験記  豆乳クッキーダイエット体験記  >  豆乳クッキーダイエット 食べ方のポイント

私のダイエット食品体験記

豆乳クッキーダイエット体験記(大豆気分)
- 食べ方のポイント

ただ、普通に豆乳クッキーダイエットを食べるよりも、豆乳クッキーダイエットを食べるときに一緒に水分を多く摂取することが大切です。

それは、豆乳クッキーダイエットに含まれる「おから」が、水を含むことによって、大きさ2倍・重量3倍にまでふくれるので、水分を多く取ることで、満腹感が得られるからです。

豆乳クッキーダイエットの販売元がすすめる水分の量はコップ2杯以上。
これは、意外にできていない人が多い気がします。結構量多いですからね。

ぜひ基本に立ち返って、水分を一緒に取ることを忘れないようにしましょうね。

「豆乳クッキーダイエットの食べ方」
※豆乳クッキーダイエットから送られた用紙に書かれていた文章を一部転載

●一日一食(1袋)を目安とし、水、紅茶、牛乳(できれば低脂肪乳)とご一緒にお召し上がりください。
(クッキーに含まれておりますおからが水分を非常に吸収する為、必ずご一緒にコップ2杯以上お飲みください。)

※おからの特性として一定時間水分を溜め込む為、むくみ、一時的に体重が水分の重さだけ増加することがございますが、時間とともに体外に排出してゆき、体重は減少してゆきますので、ご心配はございません。

ダイエット成功のポイント!
● 夜早い時間に一食分としてお召し上がりいただいた場合、その後、空腹感を感じた際は、牛乳をコップ一杯だけお飲みください。空腹感がやわらぎますし、牛乳は安眠効果をもたらします。夜食は絶対に避けてください。
● 毎日、体重計に乗って体重を確認してください。そしてダイエット中という自覚を持ってください。
● 必ず本商品をお召し上がる前に、「必ず痩せる!」という強い自覚を持って望んでください。当社が実施した調査でも、ダイエット開始前にどういう気持ちで取り組んだかというより大きくダイエットの成功率が異なっておりました。
● 本商品以外の食事はできるだけ繊維質の多いもの(野菜など)を主食(ご飯、パンなど)の前にとるようにしてください。

<注意>
表面についております白い粉は小麦粉ですので安心してお召し上がりいただけます。
↑ 豆乳クッキーダイエット 体験記 のトップページに戻るパッケージ写真 →