ダイエット食品で本当に痩せられるか体験記

ホーム  >  私のダイエットについて  ダイエット徒然コラム  >  リバウンドしないために 〜 現状維持成功の秘訣

私のダイエットについて

だからあなたは痩せられない -
リバウンドしないために 〜 現状維持成功の秘訣

昨年末まで、豆乳クッキーダイエットで70キロから約10キロの減量に成功。現在、2007年2月中旬現在の体重は57.8キロ。

今はダイエットを一旦お休みして、現状維持期間です。普通の人と何も変わらない食生活を楽しんでいますが、この2ヶ月、ダイエットが終わった後のリバウンド防止への意識の重要性を痛感。

リバウンドしないためには大きくは2点。

● 短期的な視点で見ると → 
ダイエットを急に辞めない。
辞めた後、1ヶ月体重を維持することを目標に調整しながら食べる。

● 長期的な視点で見ると →
日々体重を量り、食べ過ぎた時などすぐ調整すること

はっきり言って、リバウンドしないかどうかは意識の問題。
リバウンドしてしまった人は、決まって「ダイエット終わった途端、食べまくってしまった」とかそんなのばっかりです。せっかく頑張って痩せたのだから、それだけは避けたいですよね?

あるサイトに「リバウンドを防止するにはまずは同じ体重を1ヶ月間維持すること」と書かれてしましたが、これは本当でした!

人間の身体は、体重が減ったばかりの時はまだ体重は"調整期"で、非常に変動しやすい状況にあります。

私は昨年末で豆乳クッキーダイエットこそ一旦ストップしましたが、その後、いきなり普通の食生活に戻したわけではありません。

普通に食べてしまうと、すぐに体重が増えてしまったので、夕飯の内容には気を付け、カロリーの低いものを選び、お米は控えたりしました。

ただ、「もしかしたら、私はこのまま夕食を少なめにしないと現状維持できないのかも」と一人心配などしていたのですが(笑)、現状維持を3週間、4週間目続けてから夕食にお米を加えたり少しずつ増やし、最終的には夕食をしっかり(適度にしっかりといった意味です)食べても太らなくなりました。

また、長期的な視点ではダイエットが終わっても、日々体重を量って「今日は食べ過ぎたから明日は控えよう」などの意識がとても重要です。

ダイエットは痩せて終わりではないということですね。なんだか気が遠くなりそうですが、無駄に何度もダイエットをしないで、楽しい日々を過ごすためにも「ダイエットのその後」が大切だと今実感しています。

ダイエットは痩せて終わりではない。
特に痩せた直後の1ヶ月は食事に気をつけること。


「ダイエット徒然日記」のトップへ