ダイエット食品で本当に痩せられるか体験記

ホーム  >  私のダイエットについて  ダイエット徒然コラム  >  痩せない、リバウンドはダイエット食品が悪い!〜 すぐに人のせいにする

私のダイエットについて

だからあなたは痩せられない -
10キロ痩せた成功要因

約3ヶ月で10キロ痩せた要因は自分の性格にあったダイエット方法を行ったからです。自分自身の性格も見つめなおし、自分にあったダイエット方法を考えましょう。

とうとう、夢の50キロ台になりました!(2006年12月現在)嬉しい限りです。まだ最終的な目標値ではありませんが、順調?に10キロ痩せられた要因を考えてみると、今までの失敗続きのダイエットと違うところは、自分の性格を考えながらダイエットしたことです。

私の性格は「自分に甘い」の一言です。だからこそ、私は今までブクブク太り続けてしまったのです。
今回は、この「自分に甘い」性格をしっかり把握しながら、ダイエットをしました。具体的には主に以下の3点です。

●「体重は朝と夜2回計る」
→ 自分に甘い性格をよくわかっていたので、ゆるいルールにしてしまうと、計らなくなってしまう自分が目に見えていました。 さすがに仕事で徹夜続きの時など体重計どころではない時に一切計れなかった時もありますが、基本的には守りました。

●「夜はダイエット食品のみにする」
→ 中途半端に食べるものを許してしまうと、ズルズル食べてしまう自分も目に見えていました。 そこで、しばらくは「夜は基本的にダイエット食品のみ」と決めました。

●「間食は一切しない」
→ 適当に間食を許してしまうと、またズルズルと食べ続けてしまう自分も目に見えていたので、基本的に間食はしない。差し入れは除く(そこまで頑なに拒んでもね!)。と言っても、おかしを食べないのはストレスフルなので、食べたいときは朝食べることにしています。また、私が食べていたダイエット食品が「豆乳クッキーダイエット」だったので、それもストレスを減少させる要因だったというのもあったと思います。

自分の性格に合わない方法で嫌々続けるよりも、自分の性格をよく把握した上で、自分に合った方法でダイエットすることがとっても大切だと思っています。そうしないと、嫌々続けて、終わった瞬間に反動でリバウンドしてしまうのが目に見えていますからね。

がむしゃらにダイエットするのではなく、自分の性格にあったダイエットルールを作るべし。


「ダイエット徒然日記」のトップへ